ネットからセミナーまで、不労所得への道のり

>

ノウハウは自分で勉強した分だけ身につくものである

まずは電子書籍で不動産投資の勉強を

初心者や若者向けにお勧めなのが、電子書籍での不動産投資の勉強です。
こういう書籍は顧客情報を手に入れるという目的もあるためか大抵無料でダウンロードできます。ただ先に述べたように、自分の情報を相手に提供することが第一条件なので、むやみやたらにダウンロードされるのはやめておいた方が良いと思います。こういった書籍はダウンロードの際に必ず自分の名前とメールアドレスを入力しなければなりません。もし興味本位でダウンロードされるのなら、あまり使ってないアドレス(パソコンメールなど)を入力して自分の知りたい情報だけを手に入れた方が良いでしょう。よく使う携帯メールなどのアドレスを入力してしまうと、その会社から色々なメールが送られてくるので鬱陶しく感じたり、必要のない投資をしてしまうことにもなるので注意してください。

頭金ゼロは魅力的な不動産投資

20代の若者と40代の方が不動産投資を考えるにあたって決定的な違いは、資金力でしょう。
まだ社会人になりたての20代と、中間管理職である40代の方では、最初に投資できる額もかなり変わってきます。それを見越してか、不動産営業の電話は40代になってからの方が多くかかってくる傾向があります。
しかしネットで不動産情報を検索していると、頭金ゼロで不動産投資を始められるという謳い文句が割とあるのです。ただその実態がどうなのかは実際その不動産に行かないとよくわからないというのが現実かもしれません。色々疑わしいとは感じても、頭金ゼロと聞くと不動産投資も現実的に感じると思うので、そういった会社をとりあえずはネット上でよく調べてみて、良さそうと感じたら資料請求をしてみるのが不動産投資の第一歩ではないでしょうか。


この記事をシェアする