ネットからセミナーまで、不労所得への道のり

>

やり直しがきくという意味では最強

低金利で融資を受ける

銀行で融資を受けるには社会的地位などによる信用が一番ものを言います。
ですのでまだ働き始めの若者が融資を受けるのなら、国の融資を受けると金利も安くなるのでお勧めです。実は不動産投資は20代の若いうちから行っておいた方が、ローン後に回収できる金額が大きくなるのです。25歳で25年ローンを組んでマンションを購入したとしたら、50歳で完済できるので、その後の家賃収入は全て手元に入ることになります。不動産の家賃収入は、老後に年金収入のみになった時に非常に心強いものになります。働けるときはしっかり働いておいて、不慮の事故や病気などにかかったときや老後に備えて、不動産投資をして不労所得を得るというのはいかがでしょうか。

万が一失敗してもやり直せる

20代の若いうちに不動産投資をする利点は、失敗した時にやり直せる時間も長いということです。
20代と40代の違いは、資金不足だけではなく、知識不足という点も挙げられます。どうしたって、長い年月をかけて習得してきた知識や経験にはかなわないので、若者の方が投資で失敗することも多いと思います。ただ20代のうちに失敗するのと40代になってから失敗するのでは、社会的責任という面においては40代の方が圧倒的に不利になります。独身で身軽なうちに色々な経験をして社会勉強を積むつもりで、無理のない範囲で投資をするのも20代の特権だと思います。
先にも述べましたが、誰でも必ず成功するノウハウというものはありません。成功の裏には失敗があるわけで、その失敗を経験してこその成功なのです。


この記事をシェアする